押し花の作り方(乾燥マットを使用)

押し花の作り方

乾燥マットを使って作る押し花の作り方の紹介です。押し花の作り方は、色々なやり方があると思いますが、その中の1つの方法として参考にして頂けると幸いです。

お花の採取について・・・お花を摘む時は、なるべく晴れた日に摘み取ると良いでしょう。お花が湿っていたり、水がついていると乾燥に時間がかかる為、綺麗に仕上がりません。

お花の量について・・・乾燥マットにお花を挟む際、あまり沢山のお花を挟むと水分が多すぎてしまう為綺麗に仕上がらない事があります。余裕を空けて押しましょう。

押し花作りは細かい作業で大変です。でも、出来あがった押し花を見る瞬間は本当にうれしいものです。是非、楽しみながら作って下さいね。

必要な道具

押し花作りに必要な道具
  • お花
  • 半紙
  • 古新聞紙
  • 押し花のプレス板と付属のベルト
  • 押し花のスポンジ
  • 押し花の乾燥マット
  • ビニール袋
 

作り方手順

手順1 プレス板を置く

まず押し花のプレス板を1枚置きます。

押し花の作り方手順1
 

手順2 スポンジを置く

押し花のプレス板の上に、押し花のスポンジを1枚置きます。

押し花の作り方手順2
 

手順3 半紙を置く

スポンジの上に、半分に折った半紙を置きます。半紙だとお花がくっついてしまう場合があるので、専用の花和紙を使うと大変便利です。

押し花の作り方手順3
 

手順4 半紙の上に押し花にする花を置く

半紙の上にお花を置きます。厚みのある木などを押す時は、カッター等で割いてから押します。あまり沢山のお花を置き過ぎない様にしましょう。お花とお花の間には間隔を空けて置いて下さいね。

押し花の作り方手順4
 

手順5 半紙を伏せる

お花が動かない様に、半紙を伏せます。

押し花の作り方手順5
 

手順6 乾燥マットをのせる

半紙の上に、乾燥マットを1枚のせます。 初めての方は、潰してしまうのでは?とびっくりされると思いますが、大丈夫です。乾燥マットをのせて下さいね。

押し花の作り方手順6
 

3~6を繰り返し

この後は、6~9を繰り返してゆきます。

手順3から6を繰り返す
 
ページの先頭へ移動

手順7 プレス板をのせてベルトを締める

最後は、プレス板を1枚のせます。全てのセットを挟んだら、ベルトをしっかり閉めましょう。

押し花の作り方手順7
 

手順8 セットをビニール袋に入れる

湿気が入らない様に、押し花のセットをビニールに入れます。ビニールに、空気が入らない様に、なるべく空気を押し出して抜きましょう。 この状態で1週間位置きます。

押し花の作り方手順8
 

手順9

押し花にするお花にもよりますが、1週間以上そのままにして出来上がるのを待ちます。 右の写真は、1週間が経ったものです。開けてみると、花びらが、パリパリに乾いています。こうなれば、押し花の出来上がりです。軸なども、ピンセットで掴んでクタっとしなければ、出来ています。

乾いていない場合は、乾燥マットを電子レンジなどで乾かし、又、元の様に戻して、プレスします。数日後には出来ていると思います。

押し花の作り方手順9
 

完成

出来ました!完成です!

完成
 
ページの先頭へ
押し花ブーケと道具の販売
押し花アートPeace
〒326-0023栃木県足利市猿田町1-27
Tel&Fax0284-71-1739
押し花